ハゲは遺伝だ。恨むなら両親をうらめ。いや、恨んじゃいけない。

残念ながらハゲ、AGAは遺伝だ。だから、すべての責任は親にある。だがしかし、だからと言って親を選んではいけない。まずは、ハゲの遺伝について勉強するんだ。

では、どういった遺伝子によって髪の毛が薄くなるのか?そもそもAGA遺伝子は何なのかについて説明しよう。あなたをAGAにする遺伝子というのは、ずばり5αリダクターゼの活性の高さである。活性の高さと言うのは、要約するとテストステロンとの結びつきの強さがどれくらいあるかという事。テストステロンと結びつきやすければ大量のジヒドロテストステロンが生まるし、逆に結びつきにくければ、生成されるジヒドロテストステロンの量は減る。ジヒドロテストステロンは最終的に脱毛命令を出すTGF-βを作り出してしまうため、このジヒドロテストステロンがどれだけ多く作られるのかによってAGAになりやすいかどうか判断できる。

重要なのは、母親である。いや正確に言うと母方の遺伝子である。母親は当然女性なんで、AGAの遺伝子を持っていたとしても、男性よりもAGAになりにくい。これは女性ホルモンなどの影響をよるものだ。だが、男性は女性ほど女性ホルモンは分泌されないので、AGA遺伝子を受け継げば禿げてしまう。では、母親がAGAか判断できないなら何で判断すればよいのかと言うと、それは母方の祖父である。母方の祖父が若いころから薄ければ、AGAの遺伝子を持っているだろうし、逆に今もフサフサであればAGAの遺伝子を持っていないだろう。なので、母方の祖父を観察してほしい。ちなみになぜ母方なのかと言うとそれはAGAの遺伝子がX染色体の中にあるからである。

そしてもう一つが、男性ホルモン受容体の結びつきの強さである。男性ホルモン受容体の結びつきが強い場合にはジヒドロテストステロンと大量に結合してしまうため、TGF-βが生成される。逆に結びつきが弱い場合には、ジヒドロテストステロンとほとんど結合しないため、TGF-βは生成されにくい。よってこの2つのAGAの遺伝子が両親から遺伝されることによって、あなた自身のAGAのなりやすさがきまってしまう。ちなみにこれはフランスのボン大学が出した論文を一部引用している。

なので、AGAになりやすい遺伝子を受け継いでしまえば、少し他の要因が重なれば、簡単にAGAになってしまう。逆にAGAになりやすい遺伝子を受け継げば、多少のストレスや睡眠不足などの生活習慣の乱れでもAGAになることはない。AGAになるかならないかにおいては、両親の状態を見れば一目瞭然なので、しっかりと両親の髪の毛の状態を観察しよう。そして、もし両親の髪の毛が薄く、AGAになっていそうだなと思うなら、なるべくほかの要因を取り除くようにしよう。

北九州でagaと言えば

名古屋でAGA治療をした俺の話を聞いてくれ

まず最初にハゲであることは辛い。俺の自己紹介をすると愛知県名古屋市に住んでいるしがないリーマンで、もちろんハゲ(AGA)だ。俺はしっかりと病院に行ってAGAを治したので、その時の事をこのサイトでは書いていこうと思う。とりあえず病院は名古屋で。

AGA治療でプロペシアを処方してもらうだけなら、絶対に家から近い病院に行った方が良いのは間違いない。ただ、家から近い病院とはあなたの生活圏に住んでいる人と会う可能性は高くなる。なので、そういった可能性を完全に排除したい場合には、あえて家から30分~40分離れた病院に行くのも一つの手である。そうすれば、知り合いに会う可能性は極端に少なくなるので、安心して病院を通う事ができる。AGA治療と言うのは、どうしても人に見られたくないものいわゆるコンプレックス系の治療であるので、このように他の人に見られたくないという気持ちも非常にわかる。実際にそのようにして家から少し離れた病院に通っているという人を何人か知っている。少々めんどくさいかもしれないが、万が一のことを考えるとこれはAGA治療における病院選びの1つの方法なのかもしれない。名古屋駅近くがいいぞ。名古屋AGA

AGA治療で病院を選ぶ場合にひとつだけ助言したいことがある。
それは、あまりに家から近すぎてもそれはそれでデメリットがあるという事だ。もちろん自宅から近ければすぐに行って帰ってこれるのだが、その場合病院内で知り合いに会ってしまう可能性が出てくる。当然、家から通える範囲内の一般の皮膚科に行けばAGA治療以外を目的にしている人も多く訪れるので、そのような人たち会う可能性がある。もし、偶然にもあってしまったら「どこか調子がわるいのか?」と聞かれるに決まっている。そうなった場合にあなたは「ちょっと髪の毛が薄くなってきたんで、AGA治療を受けに来ました。」と言えるだろうか?おそらくは言えないと思う。下手に感のいい人なら気づかれてしまう場合だってある。このような事態に陥りたくなければ、家から少し離れた病院に行ってみてはいかがだろうか?自分の普段住んでいる町から一歩外に出ると、知り合いに遭遇する確率はぐっと減るので、意外とお勧めだ。

AGAの専門病院を受けてみたいけど、そもそもそのような専門的な治療ができる病院ってどこにあるのか?と聞かれればそれはその地域で一番人が集まるところである。これは全国どこをみても同じで、ほとんどが県庁所在地がある市の繁華街又はターミナル駅周辺に病院がある。このような病院の場合には設備や機械の導入にお金がかかるのでそれを回収するためにどうしてもたくさんの人に来てもらわなければならない。AGA治療は保険適用外で費用自体が高額になるため、治療としては敬遠されがちなので、そうなるとどうしても人々の往来の多く、パイの場所に病院を作る必要がある。もちろんターミナル駅周辺という事は、その地域に住んでいる人が日常的に使う場所なので、仕事帰りや遊びに行った帰りでも立ち寄ることがでいるので、問題はない。ただ、その地域から遠く離れている人はどうするば良いかについてだが、現状ではそれに対する答えはない。

皆さんはAGA治療と言えば、皮膚科で処方してもらったプロペシアを服用するだけと思っていませんか?実はこれらの治療法よりもより髪の毛を生やすための治療を行っている病院があります。このような専門的な治療を行ってくれる病院と言うのは、一部の大都会を除いては県に5~6院程度仕方ない。そして、それらの病院と言うのは、ほとんどが県庁所在地のターミナル駅周辺にあることが多い。なので、自宅近くの皮膚科に比べれば移動時間はかかるが、その地域にさえ住んでいれば必ずターミナル駅には足を運ぶので、問題はない。遊びに行ったついでに治療を受けたり、通勤の合間に治療を受けに行くこともできる。もちろん、そんなついで感覚でAGA治療を受けるメンタルはないという人もいるかもしれないが、そこは髪の毛を生やすという大いなる目的のために頑張ってほしい。