ハゲは遺伝だ。恨むなら両親をうらめ。いや、恨んじゃいけない。

残念ながらハゲ、AGAは遺伝だ。だから、すべての責任は親にある。だがしかし、だからと言って親を選んではいけない。まずは、ハゲの遺伝について勉強するんだ。

では、どういった遺伝子によって髪の毛が薄くなるのか?そもそもAGA遺伝子は何なのかについて説明しよう。あなたをAGAにする遺伝子というのは、ずばり5αリダクターゼの活性の高さである。活性の高さと言うのは、要約するとテストステロンとの結びつきの強さがどれくらいあるかという事。テストステロンと結びつきやすければ大量のジヒドロテストステロンが生まるし、逆に結びつきにくければ、生成されるジヒドロテストステロンの量は減る。ジヒドロテストステロンは最終的に脱毛命令を出すTGF-βを作り出してしまうため、このジヒドロテストステロンがどれだけ多く作られるのかによってAGAになりやすいかどうか判断できる。

重要なのは、母親である。いや正確に言うと母方の遺伝子である。母親は当然女性なんで、AGAの遺伝子を持っていたとしても、男性よりもAGAになりにくい。これは女性ホルモンなどの影響をよるものだ。だが、男性は女性ほど女性ホルモンは分泌されないので、AGA遺伝子を受け継げば禿げてしまう。では、母親がAGAか判断できないなら何で判断すればよいのかと言うと、それは母方の祖父である。母方の祖父が若いころから薄ければ、AGAの遺伝子を持っているだろうし、逆に今もフサフサであればAGAの遺伝子を持っていないだろう。なので、母方の祖父を観察してほしい。ちなみになぜ母方なのかと言うとそれはAGAの遺伝子がX染色体の中にあるからである。

そしてもう一つが、男性ホルモン受容体の結びつきの強さである。男性ホルモン受容体の結びつきが強い場合にはジヒドロテストステロンと大量に結合してしまうため、TGF-βが生成される。逆に結びつきが弱い場合には、ジヒドロテストステロンとほとんど結合しないため、TGF-βは生成されにくい。よってこの2つのAGAの遺伝子が両親から遺伝されることによって、あなた自身のAGAのなりやすさがきまってしまう。ちなみにこれはフランスのボン大学が出した論文を一部引用している。

なので、AGAになりやすい遺伝子を受け継いでしまえば、少し他の要因が重なれば、簡単にAGAになってしまう。逆にAGAになりやすい遺伝子を受け継げば、多少のストレスや睡眠不足などの生活習慣の乱れでもAGAになることはない。AGAになるかならないかにおいては、両親の状態を見れば一目瞭然なので、しっかりと両親の髪の毛の状態を観察しよう。そして、もし両親の髪の毛が薄く、AGAになっていそうだなと思うなら、なるべくほかの要因を取り除くようにしよう。

北九州でagaと言えば

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です